ブログ

写真から簡単にオリジナル缶バッジが作れるイベントを開催します☆
お気に入りの写真で世界に一つだけのオリジナル缶バッジが作れます。

お作りできるタイプは全部で3種類!
一つ目はピンが付いた缶バッジタイプ。バッグや衣服につけて持ち歩けます☆
二つ目は磁石が付いた缶マグネットタイプ。冷蔵庫やデスクなど、磁石がくっつく場所ならどこでもOK♪
三つ目は缶キーホルダータイプ★ 鍵を付けたりバッグにつけたり、色々な使い方があるのでプレゼントにも最適です!
ぜひお好きなタイプを選んでオリジナルアイテムを作ってみてくださいね!

イベントは予約不要、参加自由なので、ぜひご家族やご友人と一緒にご参加ください!

 

★イベント開催店舗★
10月開催店舗は以下の店舗となります。

■9月27日(木)~10月7日(日)
・ラスパ御嵩店/10:00~20:00

■10月19日(金)~10月21日(日)
・中川店/11:00~17:00

■10月13日(土)~10月28日(日)
・アクアウォーク大垣店/11:00~19:00

 

※下記店舗では缶バッジを常時受付けております。
☆缶バッジ常時受付店舗
・mozoワンダーシティ店
・リーフウォーク稲沢店
・meminiサンロード店
・meminiイオンモール各務原店
・meminiイオンモール大高店

 

【価 格】
缶バッジ・缶マグネット 小(直径4cm) 1個300円(税込)
缶バッジ・缶マグネット 大(直径5.4cm) 1個500円(税込)
缶キーホルダー (直径5.4cm) 1個600円(税込)

 

 

※開催日時・価格は変更になる場合がありますのでご了承ください。
※写真をご使用の場合は缶バッジサイズよりも小さく写っているものをご準備ください。
※参加費は無料です。作成される缶バッジ代金のみ別途必要となります。
※仕様する素材はご自身が撮影した写真やイラストでお願いいたします。
ご自身に著作権のないダウンロード画像や他人が撮影した写真はお断りさせていただきます。

苔の庭作りが楽しめるキット 『苔日和』 が絶賛販売中です!

敬老の日の贈り物にはもちろん、苔を育ててみたい方にピッタリの『苔日和』です。
日本らしい趣きと季節感を味わえます。

 

■ 苔の他にミニ灯篭や黒石、さくらともみじを型どったチップなどが付属。

■ 使用している苔はスナゴケ。
普段は葉を閉じて眠っているような苔ですが、乾燥した状態が長期間続いても大丈夫です。
霧吹きでお水をかけると、一斉に葉を開きます!

※栽培の際は、説明書をよくお読みください 。

 

■ 配置の仕方は自分次第!秋はもみじのチップを、春にはさくらのチップを使ったりと
自分だけの小さな苔の庭園が作れちゃいます♪

 

▼ 苔日和取扱店舗は下記の11店舗です
※店舗の場所につきましては当サイトの店舗一覧でご確認ください。
※数に限りがございますので完売の場合はご了承ください。

 

▼ お手入れについて


【価格】 1,944円(税込)

【商品サイズ】
W11.8cm×D12cm×H6cm
【セット内容】
角鉢/スナゴケ/化粧砂/底スポンジ/黒石/ミニ灯籠/さくら・もみじ型チップ/説明書

ステッカー (シール) に新たなデザインが登場しました♪
手帳やアルバムなど、さまざまなデコレーションにご使用いただけます!
そしてスティックマーカー (ふせん) が仲間入り☆

 

【 フォトジェニック 】

あなたの日常をより鮮やかに彩れるフォトジェニックステッカー。
手帳やメッセージカードなどに貼るだけでおしゃれにデコレーションすることができます♪

 

【 かきこめる 】

かきこめるシリーズに新柄が登場!
メッセージや日付などをかきこめるマスキング素材のシールです。

 

【 スタンドスティックマーカー 】

動物のおなかやおしりがポイントの可愛いふせんです。
ギフトに添えるのにピッタリ♪ 学校やオフィスでも大活躍!!
立てることもできて、折りたたんで持ち運ぶこともできるのでとっても便利です。

 

【 価格 】
■ フォトジェニック 237円(税込)
■ かきこめる 237円(税込)
■ スタンドスティックマーカー 324円(税込)

※一部店舗ではお取り寄せになる場合があります。

喪中はがき印刷の受付を開始しました。
 

超早割は印刷代 50%OFF
※写真タイプは対象外です。
※別途基本料金がかかります。

【期間:10月31日(水)ご注文分まで】
※スマホ・パソコンでご注文の方11月4日(日)まで

 

早割は印刷代 30%OFF
※写真タイプは対象外です。
※別途基本料金がかかります。

【期間:12月10日(月)ご注文分まで】
※スマホ・パソコンでご注文の方12月16日(日)まで
※寒中はがきのみ早割は1月6日(日)まで(ネット割引1月14日(月祝)まで)

 

さらに!!

■ スマホ・パソコンでご注文の方

宛名印刷代無料!!

※別途基本料金500円がかかります。

ご注文1件につき基本料金200円引!
 

■ 2件以上同時注文で2件目以降

基本料金500円引き!!

 
 

   

 

 

 

■喪中はがきはいつ頃出すの?________________

一般的に、11月中旬から遅くとも12月中旬までには相手の方に着くように出すのがいいでしょう。

■喪中はがきを送る相手は?________________
友人、知人、仕事の関係者など。普段年賀状をやりとりしている人はもちろん、
葬儀に参列いただいた方、故人が年賀状をやりとりしていた方、その他お知らせした方が良いと思われる方などにお送りします。
親兄弟や常に交流のある親族には送る必要はありません。

■誰がなくなったときに出すの?________________
一般的には第一親等までで、同居されている場合は第三親等までを喪中とする方が多いようです。具体的に言うと、
●自分を中心とした一親等以内(父母・配偶者・子供)
●生計を共にしている二親等以内(祖父母・兄弟姉妹・孫)
と、いうことになります。詳細はカタログ14P続柄早見表でご確認下さい。

■喪中はがき冒頭の挨拶文の違いは?________________
喪中はがき冒頭の挨拶文には、一般的に「〜ご遠慮申し上げます」と
「〜失礼させていただきます」の2種類があります。
どちらが正しいと言うことはありませんが、「ご遠慮」は先方からの年賀状を辞退することで、
「失礼」はこちらから年賀状を送りませんという意味があると言われています。

■喪中に年賀状をいただいてしまったら?________________
こちらが喪中ということを知らない相手から、年賀状をいただいてしまったら、
年賀状でお返事を送るのではなく、松の内(正月飾りのある1月7日まで)が過ぎてから『寒中見舞い』を出しましょう。

■寒中見舞いとは?________________
本来は一年の中で最も寒い季節に相手を気遣ってお互いの近況を報告しあう季節の挨拶状として使われていました。
最近では喪中で年賀欠礼したこと、訃報が行き届かなかったことへのお詫びを記すもの、
喪中の相手を気遣うお見舞いなどに使われることが多くなっています。

 

TOPへ